当サイトにいらした皆さんは、既に幸福な方々なのですね。(^_-)-☆

洗濯機の選び方→節水ザブーン洗浄

衣類を広げて、高圧のシャワーで汚れをはじき出す!

・高圧ダブルシャワー×遠心洗い
遠心力で衣類を広げ、シャワーをまんべんなく」当てます。
繊維の奥まで洗剤液が浸透して、汚れを引き出します。
・パワフルたたき洗い
モーターのパワーで衣類を上から下にたたきつけ、
汚れを落とします。
・手もみ洗い
前後左右に衣類を動かし、汚れを真からもみ出します。

ドラム式洗濯乾燥機において、アクティブ制御システムが、ドラム式の常識を変える。
・アクティブサスペンション
サスペンションの硬さを変えて、振動を抑えしっかり洗う!

アクティブサスペンションは、
快適性、スピード、低振動を実現する技術として、さまざまな分野で応用されています。

・アクティブS-DDモーター
モーターの磁力を変えて、効率よく運転。洗浄力と省エネを両立!

———————————–

洗濯機の選び方について、日々の営業活動から感じること

洗濯機とその選び方。いろいろな考え方があると思います。
選び方の基準をどこの置くかによって、
結果はまったく違ってしまいます。

洗濯機は日々使うものですから、
使用中のコストや使用感覚の良さ,性能の善し悪しの気になりますね。

人によっては、上記以外のことで重要と感じる部分もあることでしょう。

選び方を考えるときには、どのようにすすめると良いのでしょうか?

選び方としての考え方は、洗
濯機をイメージしてみると、下記のようなものが考えられます。
まずは基本性能,維持コスト・・それに加え、
付加機能と使いかって、などなど・・・。
洗濯機を選ぶといってもい、
その方法なり考え方が如何に多岐に渡っているかが解ります。

洗濯機の選び方と言っても、選択肢が多すぎますので、
どのように比較検討するかも忘れないで下さい。

選ぶ・・比較し選択することを楽しんでもらいたいと感じます。
誰かが選んだものでなく自分で選んだもので満足できたときは、心地よさ倍増でしょうね。

ですが、皆がみんな、
選びのに必要な知識を持っているわけではないですよね。

で、ほとんどの方は、家電量販店に行き、
販売員とのやりとりとなるわけです。
この時に、基本的な知識があるのとないのとでは、
選択する内容が、かなり違ってきますね。

ワンポイント知識として紹介しますので、
少しでも役に立てば嬉しいです。