当サイトにいらした皆さんは、既に幸福な方々なのですね。(^_-)-☆

洗濯機の歴史

日本での最初の電気洗濯機は、
三井物産株式会社が、アメリカのソール社(Thor)から輸入した かくはん式電気洗濯機で
大正11年のことでした。

昭和5年になると、東芝が国内での生産に成功して、ソーラー(Solar太陽)のブランドで 販売を開始しました.

この洗濯機が、第二次世界大戦の前後頃の国産洗濯機 唯一でした。
この洗濯機の方式は、かくはん式と呼ばれるもので、価格は370円、現在の価格に換算すると40万以上するという 高価なものでした。

昭和28年になると、
噴流式洗濯機(洗濯槽の側面にパルセーターがあるもの)が、イギリスのフーバー社(Hoover) 輸入されました。
その直後に、東芝がフーバー社風と技術提携し 製造販売を開始したのです。
その後、他メーカーも競って製造販売を始め家庭用電気製品の普及が始まりました。

昭和31年頃から、噴流式のタイプが人気となり、
昭和32年頃から は、噴流式に改良をくわえた うず巻式(洗濯槽の底にパルセーターがついているもの) 生産されるようになり,
本格的に使われるよう なってきました。
このころの洗濯機は、脱水機能はついていませんでした。
手動のローラーで絞るタイプもありましたが、ボタンがかけてしまったりしてがっかりさせられたものです。

昭和39年になると、遠心式脱水機を組み合わせた二層式の洗濯機 が発売され、
昭和43年には、全自動洗濯機が初めて発売されました。

その後の改善改良は、
省エネ,節水,洗浄能力,使い勝手, インテリア性能の向上 など、各社がしのぎを削っている通りです。

現在では ドラム式洗濯機が人気になりつつあり 、
洗濯から乾燥までボタンひとつで済むようになり、家事の負担が随分と軽減しています。

ただ単に汚れを落とすだけでなく、洗濯物に最適で質の良い仕上がりをめざし 、
ドライクリーニングが必要なものまで 家庭で洗えるようにもなっています。

 

日本での洗濯機の歴史