当サイトにいらした皆さんは、既に幸福な方々なのですね。(^_-)-☆

東芝の”ドラム式洗濯乾燥機”の2012年秋の新製品TW-Z9500

東芝の”ドラム式洗濯乾燥機”の2012年秋の新製品として、
「エコモード」によりさらに約14%の節電、最大約7%の節水ができる
「ヒートポンプドラムZABOON(ザブーン)」TW-Z9500 他が、
2012年10月上旬から発売です。

乾燥にヒートポンプ技術を使い、
振動対策に、独自技術のアクティブサスペンションを採用し、
エコで時間ピッタリに洗いあがると評判の良かったドラム式洗濯乾燥機が、
また少し進化したようです。

特にヒートポンプをつかっているドラム式洗濯乾燥機は、
東芝とパナソニックしか発売していないので、
このタイプのドラム式洗濯乾燥機を考えている方にとっては、
購入候補の一台になるのではないでしょうか。

下記に、気になる機能の抜粋をあげておきます。

◆エコモード・・・
洗濯物の量、布質、乾き易さ、温度を4つのセンサーで検知します。
この値に基づいて、使用水量、洗剤量、洗濯時間を 最適にコントロールします。
これが、通常モードよりさらに最大約14%の節電、約7%の節水のポイントです。

◆ヒートポンプ除湿乾燥ユニット・・・
改良によって、定格6kg洗濯乾燥時において業界トップクラスの
消費電力量620Whを達成しました。
6kg洗濯乾燥でも、電気代が10円ちょっとといった感じです。

このドラム式洗濯乾燥機の静かで振動が少ないという特徴を生かして、
深夜電力での使用をしたなら、5円程度といったことになりますね。

夜のお洗濯にも、もってこいの製品ですね。

◆アクティブサスペンション」+「アクティブS-DDモーター」
+「アクティブ制御システム」+「低騒音ボディ」の組み合わせの効果は・・
洗い31dB、脱水38dB、乾燥42dBもの低騒音低振動運転を実現しています。

「アクティブサスペンション」は振動を吸収して、
脱水の失敗からくる”やり直し脱水”を限りなく減らすことが出来るため、
「洗濯」が表示時間に正確に終了するのは当たり前で、
業界トップクラスの洗濯時間約29分を実現しました(定格9kg標準コース)。

また、
新たに「洗濯~乾燥」も表示時間通りに終了できるようになりました。